まちづくり活動記録とICT活用

中学校でペットボトルのキャップの回収

娘の通う中学校では
年に2回、ペットボトルのキャップの回収を行っています。

今朝、朝ごはんを食べながら
「そろそろ、キャップ集めの日やないと?」
と尋ねると、
「うん、今日」
と。

すかさず押入れに入れていた大量のキャップを出して
娘に見せる。

「さすがにこれ全部は、持っていくの、恥ずかしいやろ?」
「いや、全部、持ってく!」
と。

量だけでなく、結構な重さ。

これだけあると、普通なら持っていくのを嫌がるものですが、喜んで持っていく娘。
お友達との会話のネタになるのが楽しいらしい。
(´▽`*)

ところで、年に2回のこのイベント。
入学して以来、欠かさず持っていけてるのには理由があります。

Googleカレンダーに半年ごとに予定を入れて、
リマインダーもかけて。

これなら絶対に忘れない。

出し忘れてゴミとしてまた押し入れに半年間眠ったままになることもありません。

半年ごとに楽しむ、娘との会話。

「今日も一番多かった?」
「うん(笑)」

その笑顔を見逃さないように
今日も目に焼き付けました。